チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)

715円

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤):オンラインプレゼンスと実店舗をシームレスに組み合わせて、柔軟なショッピング体験を提供できます。   バーンスタインは「ハムレット」を超名曲に仕立て上げた。通常、チャイコフスキーの管弦楽曲は、「ロメオとジュリエット」をもって最高とし、他は大分下にランクされる曲と認識されてきたように思われる。ところがバーンスタインは、この二流曲を「ロメジュリ」張りの名曲に仕立て上げたと言って良いだろう。僅かに20分ほどの曲にぎっしりとバーンスタインの情念が詰まっている。  一方、主プログラムの「悲愴」は、第三楽章においてこれまでに聴いいたことがないような音楽を聴くことができる。中でもその軽くて透明な音は何か昨今のピリオド楽器使用もしくはその影響を受けたオーケストラ演奏と極めて似ている。それについてはもう少し聴き込まねばその真意を見極めることはできないだろう。専門店,付与,誕生日プレゼントチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)

ピックアップ

2021年度ラインアップ

2021年度ラインアップ

【日程】 2021/04/01(木) ~ 2022/03/31(木) 【会場】 世田谷パブリックシアター/シアタートラム
詳細を見る チケットを購入
『愛するとき 死するとき』

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)

【日程】 2021/11/14(日) ~ 2021/12/05(日) 【会場】 シアタートラム

【作】フリッツ・カーター
【翻訳・演出】小山ゆうな

【音楽・演奏】国広和毅 【美術】乘峯雅寛 【照明】佐藤啓 【音響】尾崎弘征 【衣裳】半田悦子 
【ヘアメイク】林みゆき 【振付】田井中智子 【演出助手】高嶋柚衣 【舞台監督】澁谷壽久

【出演】浦井健治 /
    前田旺志郎 小柳友 篠山輝信 /
    岡本夏美 山﨑薫 /
    高岡早紀

詳細を見る チケットを購入
『彼女を笑う人がいても』

『彼女を笑う人がいても』

【日程】 2021/12/04(土) ~ 2021/12/18(土) 【会場】 世田谷パブリックシアター

【作】 瀬戸山美咲 【演出】 栗山民也
【出演】 瀬戸康史 木下晴香 渡邊圭祐 近藤公園 阿岐之将一 魏涼子/吉見一豊 大鷹明良
2021/10/10(日) チケット一般発売開始

詳細を見る 動画を見る チケットを購入
子どものためのリーディング+ワークショップ公演『ホーム』

子どものためのリーディング+ワークショップ公演『ホーム』

【日程】 2021/12/10(金) ~ 2021/12/12(日) 【会場】 シアタートラム

【作】神野誠人 
【演出+ワークショップファシリテーター】橋本昭博
【出演】有吉宣人 佐久間麻由 田村優依 野口卓磨 渡邊まな実(五十音順)

2021/10/30(土) チケット一般発売開始

詳細を見る チケットを購入
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』

『マーキュリー・ファー Mercury Fur』

【日程】 2022/01/28(金) ~ 2022/02/16(水) 【会場】 世田谷パブリックシアター

【作】フィリップ・リドリー 【演出】白井晃 【翻訳】小宮山智津子
【出演】吉沢亮 北村匠海 加治将樹 宮崎秋人 小日向星一 山﨑光 水橋研二 大空ゆうひ
2021/11/28(日) チケット一般発売開始

詳細を見る

特別なお知らせ

ご来場のお客様へ

ご来場のお客様へ

商品の説明

内容紹介

レナード・バーンスタイン名盤1000[29]

レナード・バーンスタインが1950年代から1970年代にかけてソニー・クラシカルに残した録音は、作曲家としての複眼的視点で緻密にアナリーゼされた解釈をもとに、音楽の喜びを全身全霊で伝えようとする情熱に満ちている。生誕100年を記念し、その中から名盤50タイトルを厳選して一挙リリースする。
1964年録音の「悲愴」では、アダージョで終わるこの特異な交響曲のフォルムを明快に表出しつつ、熱い情感があふれ出てくるのは、ニューヨーク・フィルと一心同体となったこの時期のバーンスタインならでは。後の1986年盤よりも普遍性が高く、作品の魅力をストレートに味わえる。カップリングの「ハムレット」は、ニューヨーク・フィル退任後の1970年の録音で、作曲者が作品に盛り込んだドラマを濃厚に描き出している。

【期間生産限定盤】新規ライナーノーツ(※歌詞対訳はなし)2019年12月末日までの期間生産限定

[収録曲]
チャイコフスキー
1. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
2. 幻想序曲「ハムレット」作品67

ニューヨーク・フィルハーモニック
指揮:レナード・バーンスタイン

[録音]1964年2月11日、ニューヨーク、マンハッタン・センター(1)、
1970年10月19日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール(2)
ADD/ステレオ

メディア掲載レビューほか

1964年録音の「悲愴」では、アダージョで終わるこの特異な交響曲のフォルムを明快に表出しつつ、熱い情感があふれ出てくるのは、ニューヨーク・フィルと一心同体となったこの時期のバーンスタインならでは。後の1986年盤よりも普遍性が高く、作品の魅力をストレートに味わえる。カップリングの「ハムレット」は、ニューヨーク・フィル退任後の1970年の録音で、作曲者が作品に盛り込んだドラマを濃厚に描き出している。 (C)RS

世田谷パブリックシアター/シアタートラムでは、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、十分な安全対策を行い、館内の衛生管理につとめております。
お客様の安全な観劇のため、感染予防対策にご協力をお願いします。


◆「世田谷パブリックシアターにおける新型コロナウイルス感染拡大予防のための取り組みおよびガイドライン」はこちら

◆「ご来場のお客様へ」「劇場内でのお願い」PDFダウンロードはこちら

劇場内でのお願い



 




◆主催公演アンケートへのご協力のお願い◆
終演後はアンケートのご回答にご協力をお願いいたします。世田谷パブリックシアター主催公演アンケート回答ページは→こちら

ニュース

協賛・協力企業・団体一覧

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤):オンラインプレゼンスと実店舗をシームレスに組み合わせて、柔軟なショッピング体験を提供できます。   バーンスタインは「ハムレット」を超名曲に仕立て上げた。通常、チャイコフスキーの管弦楽曲は、「ロメオとジュリエット」をもって最高とし、他は大分下にランクされる曲と認識されてきたように思われる。ところがバーンスタインは、この二流曲を「ロメジュリ」張りの名曲に仕立て上げたと言って良いだろう。僅かに20分ほどの曲にぎっしりとバーンスタインの情念が詰まっている。  一方、主プログラムの「悲愴」は、第三楽章においてこれまでに聴いいたことがないような音楽を聴くことができる。中でもその軽くて透明な音は何か昨今のピリオド楽器使用もしくはその影響を受けたオーケストラ演奏と極めて似ている。それについてはもう少し聴き込まねばその真意を見極めることはできないだろう。専門店,付与,誕生日プレゼントチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」ハムレット(期間生産限定盤)